プレミアム改良土

HOME > プレミアム改良土 > 改良土について > 改良土の特徴

改良土について

改良土の特徴

●砂礫土、山砂に比べ、改良土の施工後の沈下量はわずかです。
●石灰の添加率の調整が可能です。(通常は採掘削除性を考慮し1.0%以下としています)
●製造プラント内の混合機にて撹拌するため、改良剤が均一に混ざります。
●最大粒子径が40mmであり粒度分布も良いため、敷き均し転圧が容易で作業時間の短縮が図れます。(0~40mmのほか0~20mmもあります)
●製造直後はアルカリ性を示しますが(ph10程度)、徐々に中性に近づきます。
●原料を選別しているため、産業廃棄物であるガラ等の混入はありません。また、環境基準に関わる土壌汚染試験を実施し、有害物が含まれていないことを確認しています。
●不透水の性質を持つため、雨などでこね返しがありません。
●吸水膨張による変化がほとんどありません。
 


無料 改良土のご相談はこちら宅地造成・駐車場整備を検討中の地主様。必見 資料のダウンロードはこちら